お子さまへ実践 食学の実践・取り組み

“食”が心と体をつくる

子供の健やかな心と体を育てるためには、その基を築くための食事がとても大切なポイントとなります。
私たちの心と体は、私たちが食べたものによってつくられているのです。

とくに脳細胞はその影響を強く受ける器官です。脳の発達に大切な栄養をしっかり摂ってあげましょう。
離乳後、子供が自分で食事をとるようになってからが、大切です。
食べる楽しみを伝えながら、本物の食べ物とはどういうものかを伝えていきましょう。

学習をサポート

塾や家庭学習も頑張っているのに、成績が上がらない・・・お子さまのそんなお悩みありませんか?
塾や学校で、いくら脳に働きかけても、脳の質が良くなければ、賢い頭はつくれません。脳の質を高めるポイントは、良いアブラを摂ることと、神経伝達物質をつくることです。

高含有のオメガ-3!毎日スプーン1杯で賢脳をつくるニュージーランド産アマニ油

脳の約60%はアブラでできているため、頭の回転が早く、質の良い脳を作るためには、良いアブラであるオメガ-3で構成することが大切です。欧米食が普及している現在の食生活では、オメガ-3が不足しがちなので、積極的に摂りましょう。

詳細・購入はこちら
記憶力・集中力を高める基礎栄養素レシチン・ノンフレーバー

神経伝達物質であるアセチルコリンが不足すると、記憶力や認知力が低下することがわかっています。このアセチルコリンを生成するのに必須となるのがリン脂質です。リン脂質は、とくに鶏卵、大豆食品に多く含まれていますが、脳にとって十分な量を摂るには、サプリメントの活用がおすすめです。

詳細・購入はこちら

更におすすめを見る

成長をサポート

子供の成長には、カルシウムはもちろん、良質なタンパク質やアミノ酸、ビタミン・ミネラルなど多くの栄養素がバランス良く必要となります。何か一つの栄養に偏るのではなく、“バランス良く”を心がけましょう。「まごわやさしい」食をベースに、サプリメントなどで補給しましょう。

更におすすめを見る

心をサポート

元気がない、落ち込んでいる、プレッシャーがかかっている、怒りっぽい、泣くことが多くなったなど、お子さまのSOSを見逃していませんか。精神状態が不安定になっているときは、白砂糖を多くとっていないか、血糖値を急激に上昇させるクイックカーボを食べていないかなど、食生活を一度見直してみてください。また、マグネシウムが不足すると心が不安定になり、イライラしやすい、怒りっぽい、落ち込みやすいという症状があらわれます。言葉かけとあわせて、こちらのアイテムをご利用ください。

更におすすめを見る

季節のムズムズ・かゆみが気になる

花粉症や風邪で鼻がぐずぐずするなど、とても辛い季節の症状。ひどくなると、集中力も低下していきます。早めの対策で、悩ましいシーズンを乗り切りましょう!アレルギー体質である方は、酵素やオメガ-3を摂ることで症状が改善されます。

更におすすめを見る

スポーツをしている、体をよく動かす

スポーツやよく体を動かすお子さまは、日光に当たったり、汗をかくことでミネラルが消耗されます。市販のスポーツ飲料には砂糖や人工甘味料が含まれているものが多く、かえって体を疲れさせてしまいます。ミネラル補給は、余分な添加物が含まれていないものにしましょう。

更におすすめを見る

毎日の元気を応援する

子供の食事量は大人の半分程度ですが、栄養は同じだけ、むしろ大人以上の量が必要です。とくに食が細いお子さまは、普段のお食事+おやつなどでの栄養補給が大切です。毎日元気に過ごすためには、基礎の免疫力を高め、風邪やウィルスに強い体づくりが大切です。

更におすすめを見る