【夏バテ対策に】「飲む点滴」甘酒の効果がすごい!美容・健康効果バツグンで、子供にもおすすめのアレンジレシピ

【夏バテ対策に】「飲む点滴」甘酒の効果がすごい!美容・健康効果バツグンで、子供にもおすすめのアレンジレシピ

年末年始に神社に行くと、温かい甘酒をよく見ます。

私も子供の頃、焚火に当たりながら甘酒を飲むのが好きでした。

 

近頃、メディアでも甘酒の健康効果が報じられるようになりましたが、甘酒には、ビタミンB群、アミノ酸、豊富なブドウ糖が含まれています。

これらの栄養素は、栄養剤としての点滴とほぼ同じであることから、「飲む点滴」といわれています。

 

先ほど、“子供の頃好きだった”と言いましたが、反対に、“甘酒は何だか苦手だったイメージが…”と、昔飲んだときの苦手なイメージがある方もいらっしゃるのでは?

 

甘酒は、酒粕から作られたものと、米麹から作られたものの2種類があり、アルコールが含まれる酒粕甘酒は少し独特な味がします。

もしかしたら、昔飲んで苦手だと感じた甘酒は、酒粕から作られたものかもしれませんね。

 

酒粕甘酒と米麹甘酒は、原材料だけではなく、栄養成分にも違いがあります。

タンパク質、ビタミンB群、食物繊維は、酒粕甘酒の方が豊富です。

ですが、米麹甘酒が発酵の段階で自然の甘さを出しているのとは違い、砂糖で甘みをつけているので、注意したいところです。

 

今回は、アルコール成分がなく、子供も安心して飲める、米麹甘酒についてご紹介します!

「飲む点滴」甘酒の効果

the_title

①美肌効果

ビタミンB群が豊富なので、肌の細胞を活性化させて、ターンオーバーを促します。

また、アミノ酸が乾燥を防ぎ、米麹に含まれるコウジ酸がメラニンの生成を抑制するので、シミ、そばかすにも効果的です。

 

②疲労回復

ブドウ糖やビタミンB群は、三大栄養素の代謝やエネルギーの生成を助けるので、疲れやすい方や疲れがたまっている方におすすめです。

甘酒は冬の飲み物というイメージですが、実は夏バテにも効果的!

ブドウ糖は、脳のエネルギー源なので、お子さまの朝ごはんにもおすすめです。

 

③ダイエット

ブドウ糖が血糖値をあげてくれるので、満腹感を感じ、食べ過ぎの防止になります。

しかし、酒粕でできた甘酒は、カロリーが低いわけではないので、飲み過ぎには注意です。

 

④便秘改善

オリゴ糖や食物繊維が豊富なので、腸内環境を整え、排便をスムーズにしてくれます。

米麹で作られている甘酒はノンアルコールなので、妊娠中の方にもおすすめです。

 

※市販のものの中には、添加物が入っていたり、清涼飲料水扱いになっているものも。

 美容・健康効果を得たい場合は、原材料に米と米麹のみが明記されているものを選びましょう。

甘酒ジンジャーラテ

the_title

■材料

・甘酒…50g

・豆乳…100g

・おろし生姜…少々

 

■作り方

①材料をすべて混ぜ合わせて、温める

甘酒プリン

the_title

■材料

★甘酒…100cc

★豆乳…300cc

・アガー…5g

・トッピング…お好みのもの(きな粉、黒蜜など)

 

■作り方

①アガーに大さじ1の水を入れ、溶いておく

②★を小鍋にかけ沸騰寸前で火を止め、①を入れよく混ぜる

③荒熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固め、お好みのものをトッピングする

※アガーは、寒天でも代用できます

 

無添加で砂糖不使用の甘酒は、自然の味わいそのままで、カラダにもやさしいです。

いろんなアレンジを楽しんで、「飲む点滴」を実感してみてはいかがでしょうか。